Beta Analyticのマネージメント・組織

About Beta Analytic

Beta Analyticは1979年にマリー・テーマーズ博士(Ph.D. エール大学/ D.Sc.パリ・ソルボンヌ大学)とジェリー・スティプ博士(Ph.D. オーストラリア国立大学)によって設立されました。 1959年以来、彼らは共に放射性炭素年代測定の方法論の発展に尽力し、放射性炭素年代測定、地質年代学、および水文学の分野で100以上の論文を発表しました。

会長: マリー・テーマーズ博士, Ph.D. , D.Sc.

テーマーズ博士は、放射性炭素年代測定の従来法.の共同開発者です。 テーマーズ博士は1961年にフランスのGif-sur-Yvetteでそれまでの方法の欠点を克服した液体シンチレーション法(LSC)を提唱しました。 この方法は1970年までには、最も一般的な測定方法として定着することになります。 テーマーズ博士は、この分野で65の論文を発表しました。 テーマーズ博士が1960年代に発表した地下水の放射性炭素年代の炭酸塩による補正方法は現在でも用いられています。テーマーズ博士は20年間にわたり大学の放射性炭素年代測定の研究所で教鞭をとり、その後、Beta Analyticの会長・測定責任者として放射性炭素年代測定を広く普及しました。

社長: ダーデン・フッド氏

ダーデン・フッド氏は1980年に地質年代学者としてBeta Analyticに参加しました。彼は優れた顧客サポートを維持しながら、効率的に高品質の放射性炭素年代を提供するための新しい方法と手順を開拓しました。フッド社長の理念は、「仕事が完了した後でもその品質はずっと覚えられている」ということです。 彼は、ディスカバリーチャンネル、ヒストリーチャンネル、BBCなどにも出演しています。彼は世界的に著名な放射性炭素分析の専門家のひとりです。

フッド氏は、放射性炭素年代測定の工業利用について米国環境保護庁に提言し、米国農務省からも助言を求められ、放射性炭素年代測定の工業利用のための規格であるASTM D6866の技術主任に就任しました。ASTM D6866は、バイオベース製品、バイオ燃料、排出ガスに含まれる再生可能炭素の割合を測定することができます。彼はまた、ASTM D6866におけるCO2サンプリングのための規格、ASTM D7459の管理主任も担当しました。ダーデン・フッド氏は、ASTM、Institute of Clean Air Companies、Institute of Clean Air Companiesのメンバーとして、環境問題への放射性炭素年代測定の利用について数多くの助言を行っています。

会社組織

会社組織