標準誤差

Beta Analyticでは、確度(accuracy)に対する誤解を避けるため、シングル測定に対して±30より小さい誤差では報告いたしません。 AMS測定での計数効率は非常に高いため、シングル測定における測定時間を増やせば、極端に小さい誤差を得ることは技術的には大変容易です。 しかしそれは見かけ上の誤差を小さくしているにすぎず、確度(accuracy)を含めた精度を高めることにはなりません。±30より小さい誤差で報告可能なのは、同一試料を、前処理からグラファイト化およびAMS測定にいたるまですべての工程を含めた繰り返し測定をした場合に限ります。 繰り返し測定を行った場合は、加重平均によって年代を算出します。

Beta Analytic ラボラトリー
設備
ISO/IEC 17025:2005 認定
クオリティ管理