COVID-19 Notice: WE ARE OPEN AND OPERATING NORMALLY
Beta Analytic, as a laboratory, is considered an essential business under Florida's statewide Stay-at-Home Order. Taking the necessary measures to maintain employees' safety, we continue to operate and accept samples for analysis. Please contact us BEFORE sending your samples so we can recommend you the best way to proceed.

AMS と Radiometricの比較

放射性炭素年代測定 を行う際、AMS、Radiometricのどちらの方法を選択するかは、主に試料のサイズ、もしくは試験に供することによって破壊してしまっても良い試料のサイズによって決まります。 放射性炭素年代測定では試料を燃焼などによってCO2化することによって、試料は無くなってしまいます。

Radiometric法と比較した場合のAMS 法の利点:

AMS Radiocarbon Dating

(a)試料量が少なくても測定可能 (試料の種類によって異なるが、mgオーダーの試料での測定が可能)

(b)測定にかかる時間が短い

(c)一般的にRadiometric 法よりも精度が高い

AMS年代測定は液体シンチレーション法(LSC)を用いたRadiometric法よりも進化した方法です。一般的に測定費用はAMS法の方が高くなります。

放射性炭素年代測定法の決定については 液体シンチレーション法 (LSC) を参考にして下さい。

Beta Analyticでは現在液体シンチレーション法(LSC)によるRadiometric法を行っておりません。