COVID-19 Notice: WE ARE OPEN AND OPERATING NORMALLY
Beta Analytic, as a laboratory, is considered an essential business under Florida's statewide Stay-at-Home Order. Taking the necessary measures to maintain employees' safety, we continue to operate and accept samples for analysis. IRELAND - Our forwarding office in Dublin is CLOSED at this time due to the current government restrictions. Please contact us BEFORE sending your samples so we can recommend you the best way to proceed.

AMS dating groundwater

安定同位体分析 – CRDSによる水のδ17O 測定

サンプルの推奨量
2-5 mL (未使用の小型バイアルを使用し満水にしてください)
推奨する容器包装
サンプルが輸送中に破損しないようにしっかりと梱包してください
納期
7 営業日(マイアミ試験所到着翌営業日から)
試料は破損を防ぐために封筒などではなくしっかりとした箱に入れてください。

Beta Analyticの、水のcarbon-14測定の料金にはδ13C, δ18O およびδD の測定だけが含まれています. 水のδ17O 分析は単独のお申込みにより別途料金が必要です。 もしくはキャビティリングダウン分光法(CRDS)による δ18O and δD 分析 とのセットになります。

試料の送付方法水試料の採取と送付方法の詳細につきましては Radiocarbon Dating Groundwater をご参照ください。

δ17O 試料の提出の際はこの オンラインフォーム をご利用ください。 ご不明な点はいつでもお問合せください。

なぜ水の δ17O を測定するのでしょうか?

3種類の同位体の変動は、2種類の同位体を適用した場合と比較して、環境条件についてより多くの情報をもたらします。 2種類の安定同位体(1H, D)をもつ水素については、天水における軽水素(1H)から重水素(D)への変動によって生じる水の過剰重水素(d-excess)が、相変化時における湿度や同位体分別の評価に用いられてきました。 しかしながら、多くの地殻物質(蒸発岩)には水素(H)が含まれていないため、環境指標としてd-excessを適用できる対象が限られているのが現状です(Li et al., 2015)。

一方、酸素は3種類の安定同位体(16O, 17O, 18O)が存在し、多くの物質に含まれているため、酸素循環における蒸発・凝縮過程についてより多くの情報を引き出せる可能性をもっています。同位体分析の精度向上にともなって、三酸素同位体異常(Δ17O)や酸素同位体比(18O/16O, 17O/16O)の変動が特に重要な指標であることが分かってきました。最近の研究は、天水起源の水のΔ17Oの変動を解明することが主な目標となっており、将来的には他の物質におけるΔ17Oの挙動について研究がすすむと期待されます。

Beta Analytic の能力

試験所の現在のCRDSは、水蒸気のδ17O ((17O/16OUNKN/17O/16OSTD-1)*1000)を誤差+/- 0.8 ‰もしくはそれ以下で求めることができます。また三酸素同位体異常 (Δ17O) の決定も可能です。

Δ17Oは17O/16O および18O/16O の質量依存同位体分別線からの偏差として定義されます。(Li et al., 2015) CRDSでδ17O および δ18Oを測定し、ソフトウェアによる計算でΔ17Oを求めます。

Δ17Oは、水の相変化が起こった時の条件(湿度、高度など) についての情報を提供します。 凝縮・蒸発時の同位体分別を考慮することによって、Δ17Oによる条件設定はより精密化します。

蒸発時にはδ18OとΔ17Oの両方が変化しますが、凝縮時にはδ18Oのみが大きく変動する特徴があります。 このことはδ17Oとδ18Oの値は、蒸発と凝縮では異なる割合で変動することを示唆しています。

Reference:

Li, S., Levin, N. E., & Chesson, L. A. (2015). Continental scale variation in 17O-excess of meteoric waters in the United States. Geochimica et Cosmochimica Acta, 164, 110-126.

Page last updated: September 2020