AMS dating textiles

繊維のAMS放射性炭素年代測定

試料の必要量(推奨量)  (より少ない量でも測定可能です – 詳細はご連絡ください ご連絡先)
10-20 mg
お薦めする試料の容器
ジップロックバッグ(試料が小さい場合、あるいは輸送中に破壊されそうな場合はアルミホイルに包んでからバッグに入れて下さい)
お送りいただく際は輸送中の試料の破損を防ぐため封筒ではなく丈夫な小箱などを用いてください。

Beta Analytic でお引き受けできるのは、学術調査目的の試料に限ります。

Note – 炭素安定同位体(d13C)分析、品質管理レポート(QA Report)、 暦年代較正、 24/7 アクセスのウェブデータベースによる結果の閲覧は価格に含まれています。

試料の前処理 – 調査の目的に応じた最適な試料の選択と 前処理 を行うためにいつでもご連絡ください。 試料の前処理後(前処理前)に、弊社からのご連絡のお約束も歓迎いたします。 有機溶媒処理、セルロース抽出は時間がかかり、使用する薬品、資材も高コストなため、年代測定をキャンセルされた場合も前処理料金が発生いたします。

*****

布など繊維の年代測定を行う場合、試料が貴重なものであることが多いので、可能な限り少量での測定を望まれる方がほとんどです。 そのため繊維試料の測定には微量試料での測定が可能な AMS法 が適していま

すべての繊維試料において正確な年代測定が可能でしょうか?

保存状態が良く、構造がしっかりしており、保存処理が行われていない試料は正確な年代測定が可能です。 薬品処理や保存処理がされている試料は正確な年代測定ができません。

繊維の精確な年代測定が可能かどうかご心配な場合は、試料をお送りいただく前に、詳細な素性および保存状態を、可能であれば高解像度の写真を添えてお知らせください。

推奨する試料の量

通常10mg~20mgの繊維試料が必要です。 これはおおよそ、切手と同じぐらいの大きさです。 薄い切れ端、いたんだ部分からの採取も可能です。 これより少ない量でも測定可能ですが、コンタミネーションを取り除くための前処理を完全に行えない場合があります。

Beta Analyticにおける繊維試料の年代測定に関する制限

お引き受けできるのは、政府機関、博物館、大学、その他公的機関から提供される学術調査目的の試料のみです。